1週間という節目に過去最軽量を叩きだしたぞ~!:7日目


スポンサーリンク

体重測定



7日目。

6/29の体重 : 51.5kg(BMI20.3)

7 / 5の体重 : 50.1kg(BMI19.6)

nontac

ひゃっほぅ~~~~~ぃ!



昨日はね。
ちょっとした増量に若干取り乱した私だったんですが。

やはり信じる、そして続けることに価値がありますね!ええ!
(結果がでたときだけ強気)

開始時から1週間でマイナス1.4kg
これはまずまず順調な結果なんじゃないでしょうか。


おさらいとして、このダイエットでは
・運動していない
・お腹いっぱい食べている

という、従来のダイエットではにわかに信じがたいルールで叩きだした結果だっていうことを
改めて念頭においていただいた上で、
マイナス1.4kgってけっこうすごくないですか。

昨日と比較しても1日でマイナス500g。
1日で何が減ったのかよくわからないし喜んでいいのか微妙なきもちだけど
参考までに鶏肉500gの画像をおいときますね。




アプリのグラフで見てみよう



記録に使っているiPhoneアプリ recstyle
減っていく様子をみてみます。


いや~~順調に右肩さがり。
眺めるだけでうっとりしちゃう。
こうやって写真を撮ったり記録したりして
結果が出ていくのを見ると、モチベーションがあがります。

(ちなみにBefore After を見るために撮影してる半裸の写真は、まだアップするかどうか悩んでる)



1週間。体調の変化は?


糖質制限といえば、心配されたのは「体調不良」。

体に絶対に必要な栄養素とされる「糖質」を完全にカットすることで
脳にエネルギーが送られなくなって、 強い空腹感、冷や汗、ふるえ、動悸などが起こり、重症になると意識がなくなる、いわゆる低血糖の状態になる心配があって、あまりお勧めされているダイエットではないはず。

しかしこの、ココナッツオイルを使ったケトン体質ダイエットでは
絶対に必要な栄養素である「糖質」にかわって脂肪をエネルギーに変えて燃やしまくってくれるケトン体を効率よく作り出すことで、上記のような低血糖状態を招くまえにエネルギー源が糖質から脂肪に切り替わって、具合が悪くなることなく脂肪がどんどん燃焼される!という仕組みのようです。

じゃあ実際に私がどうなってるか。
体の状態は・・・



◆良い影響を感じること
空腹感がない
・甘いものを食べたい気分にならない
・ラーメンを食べたい気分にならない
昼食のあとの眠気がなくなった
・眠くないどころか頭が冴えてる

・化粧のノリがいい



◆悪い影響を感じること
・オイルを飲んだあとの胸やけがある



うそみたいですけど、ココナッツオイルがマズすぎて毎回ウェッと胸やけ感がある以外には、特に不具合は感じていません。

いちばん驚いたのは、
今までは、昼食後の14時ごろは眠気との闘いで、パソコンのまえで頭をガクンガクンさせながらキーボードに激突するくらい重度の睡魔に襲われてたのに、それが皆無。まっっったく眠くならない。
おかげで午後の仕事がはかどる、はかどる。

そして、今までは16時ごろになると小腹がすいて引き出しにストックしているお菓子を食べないと手がプルプル震えて気分が悪くなっていたのに、それも皆無。まっっったく空腹感がない。

こうなると、やっぱり午後の眠気や低血糖の原因は
体の糖質依存が招いてるんじゃないかと思えてきます。

ただひとつ心配なのは、
卵とか肉ばっかり食べててタンパク質摂りすぎにならない?尿蛋白だいじょうぶ?
という点。
幸い8月に健康診断があるから、その結果が良ければいいなぁ。

<<今日の献立+オイル>>



◆朝ごはん 7時ごろ
バナナジュース + ココナッツオイル 20cc
いつものやーつです

◆10時ごろ
食前ココナッツオイル 15cc + ホットコーヒー

◆昼ごはん 12時ごろ
ローソンのサラダチキン + ローソンのブランパン
今日も安定のローソン様様にチャリンしてきた。

◆16時ごろ
食前ココナッツオイル 10cc + ホットコーヒー

◆夜ごはん
夏野菜とベーコンのコンソメスープ + ココナッツオイル10cc
夏はズッキーニとかナスがお安くなるからうれしいね~。

今日のトータル摂取量 55cc。

順調に良い推移だからやる気満点。
糖質を完全カットするのもあと1週間の折り返し地点にきたぞ~。
過ぎてみたらあっという間。

糖質制限は献立を考えるのがほんとうに大変だけど
それも一生涯のうちのほんの数週間、ほんの一瞬だけ!
と思えばなんとかがんばれる。


おっしまい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました