ココナッツオイルは商品によって飲みやすさが変わる!:8日目


スポンサーリンク

体重測定



8日目。

6/29の体重 : 51.5kg(BMI20.3)

7 / 6の体重 : 50.2kg(BMI19.8)

nontac

もう100g増えたからって驚かない。
わたしはココナッツオイルを信じると決めたのだ。






ココナッツオイルを変えてみた


ココナッツオイル、流行しているだけあって
産地やお値段、成分など商品によってさまざまあるみたいですね。

今使っているココナッツオイルはダイエットスタート時に買って2ビン使い切るところだけど、あまりにもマズい!
これ、感じてるのわたしだけなのかな。
数多のケトジェニックダイエッターはみんなやすやすと油をがぶ飲みできているの?

さてこのオイルマズい問題、これは商品によって違うのか、それともココナッツオイルってだいたいマズいのか。
他の商品を飲んだことがないのでその成分や味を比較してみることにしました。


1.今まで使っていたもの

日本機能性医学研究所 セシル・オーガニック・バージン・ココナッツオイル 460g 日本機能性医学研究所 

初めて購入、使用したのはコレ。
ケトジェニックダイエットを始めるきっかけとなった世界ふしぎ発見で、被験者の男性が使用していたものと同じ!ということで購入してみた商品。

◆味の感想◆
とにかく、飲みにくさを日々痛感。
もったりと濃厚なココナッツの風味、口に含む前から鼻まで広がる独特の味・・・
丸飲みするようにコーヒーを口に流し込むが、失敗して口内にオイルを広げてしまうとその風味が頭部全体に染み込んで毛穴から噴出するような感覚を覚える・・。
わたし、かなりココナッツオイルが苦手かもしれない。

これが本品のせいなのか、ココナッツオイルとはこういうものなのかを検証すべく!
次のオイルを買い足して試飲してみたよ




2.おすすめのサイトで一番推奨されていたもの

ココナッツオイルを調べていると比較サイトをよく目にするけど、
どのサイトでもおすすめされ、Amazonなどでも高評価を得ているのが
このブラウンシュガーのオイル。
近所のスーパーでも見かけるくらいだから、オイル界ではスタンダード品のよう。

なぜここまで評価が高いのか?
飲みやすい? 値段が安い? パッケージがおしゃれ?

いろいろと理由はあるのだと思うけど・・・

◆味の感想◆
はい、マズいです。
理解した。ココナッツオイルって、全部マズいんだ。





3.近所で安く売ってたもの

近所のスーパーキッド(日用雑貨の量販店)で、このパウチが200円で売ってた。
200ccは入ってるので、グラムあたりで換算してもかなり安くないですか?
賞味期限が近いわけでもないし、、、。
ネットで調べてみると、Amazonなどでも比較的安く販売してた。

◆味の感想◆
うん、これ、飲みやすいかも!
ココナッツオイルの強い風味が、弱く感じる。
他の2品よりサラサラしてて、のどにさらりと流れていってくれるアッサリ感。
独特の風味はやっぱりあるけど、飲みやすさでは抜群にいいかんじ。

しかも安い!

次回はビンで購入してみよう!



毎日の摂取量が50cc前後にとどまってはいるものの
これらも1週間たらずでなくなってしまう。
とにかく安く仕入れることに必死になってしまうけど、
この値段の差によって効果にも差がでるのであれば安いばかりに目がいっててもいけないよなぁ。

裏面の成分をよくみたら、「中鎖脂肪酸の含有量」に少しずつ差があるみたい。
商品の情報が集まってきたら、情報をまとめてみようかな。

<<今日の献立+オイル>>



◆朝ごはん 7時ごろ
バナナジュース + ココナッツオイル 20cc
いつものやーつ。

◆10時ごろ
食前ココナッツオイル 15cc + ホットコーヒー

◆昼ごはん 12時ごろ
豚肉とたまごと野菜炒め
可もなく不可もなく、塩コショウでシンプルに味付けした料理。
レパートリーのなさ、料理の下手さにほとほと呆れる。

◆16時ごろ
食前ココナッツオイル 10cc + ホットコーヒー

◆夜ごはん
アスパラの肉巻き +  ニラと白菜のにんにく炒め

今日のトータル摂取量 45cc。

おっしまい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました